iPhoneから声が聞こえないときの原因と解決方法!【接続している電波が悪いだけです】

本日も記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

困ってる人

通話中に・・・

・iPhoneから自分の声が、相手に聞こえてない。

・相手の声が、自分のiPhoneから聞こえない。

 

本日は、このようなお悩みを解決していきます。

 

急にiPhoneから声が聞こえなくなったら、困りますよね。

 

でも、安心してください。

 

簡単に誰でもなおせる方法をご紹介していきます。

 

 

この記事の内容
  • iPhoneから声が聞こえない原因はなに?
  • 声が聞こえないときの解決方法を紹介。

 

 

ゆんゆん

友達に電話したら、声が聞こえないって言われた。どうしよう・・・なおるかな?

 

ぶっきー
大丈夫だよ!まずは、何が原因になってるか確かめていこうか。

 

 

iPhoneで声が聞こえない原因と解決方法

「iPhoneから声が聞こえない」といっても2パターンあります。

  1. 相手の声が、自分に聞こえない。
  2. 自分の声が、相手に聞こえない。

 

この場合の原因は、スピーカーかマイクです。

 

どちらも同じ方法で解決することができますので、順番に試していきましょう。

 

解決方法

  • 電波状況を確認する。
  • 機内モードのオン・オフを切り替える。
  • 受話音量を調整する。
  • Bluetoothを一時的にオフにする。
  • レシーバー・スピーカーを塞いでいないか確認する。
  • Lightningコネクタ・端子を清掃する。

 

電波状況を確認する。

まず、電波状況に問題がないか確かめましょう。

 

iPhoneに表示されている電波レベルは大丈夫ですか?

 

電波レベルが低ければ、当然声が聞こえないという状況に陥ります。

 

一度、お互いに電波のレベルを確認してみましょう。

 

原因

  • 電波レベルが低い(1〜2)の場合は、頻繁に声が聞こえなくなることがある。

 

解決方法

  • 電波レベルを確認する。

 

機内モードのオン・オフを切り替えてみる。

電波レベルに問題がなければ、次は受信している電波の質が悪い可能性があります。

 

電波と言っても、同じ携帯キャリアの電波が、同じ場所で複数飛び交っています。

 

そのときに、たまたま質の悪い電波に接続されていることが原因で、通話中に声が途切れてしまったりすることもあります。

 

機内モードのオン・オフを切り替えることで、今受信している電波を一度切断して、オフにすることでiPhoneに新たに接続先の電波を探させましょう。

 

質のいい電波を受信できれば、声も聞こえるようになります。

 

原因

  • 接続している電波の質が悪い。

 

解決方法

  • 機内モードのオン・オフを切り替えて、通信している電波を切り替えてみよう。

※場所によっては、複数の電話が飛んでないこともあります。。

 

受話音量を調整する。

電波関係に問題がない場合、次に疑うべきはiPhoneの設定です。

 

最初には、受話音量を確かめてみましょう。

 

思いもしないところで、受話音量0になっている可能性もあります。

 

設定を見直して、適切な受話音量にしましょう。

 

原因

  • 受話音量が0(もしくは極端に小さく)になっている。

 

解決方法

  • 受話音量を適切な音量まで上げる。

 

Bluetoothを一時的にオフにする。

設定等で最後に確かめることは、Bluetoothの設定です。

 

Bluetooth機器が接続されていると、音声の出力先がBluetoothになってしまっている可能性があります。

 

出力先がBluetoothになっていると、iPhoneからは全く声が聞こえません。

 

Bluetoothをオフにして、接続を解除してあげることで音声の出力先をiPhoneに戻してあげましょう。

 

原因

  • 音声の出力先がBluetoothになっている。

 

解決方法

  • Bluetoothをオフにする。

 

スピーカー・マイクを塞いでいないか確認する。

電波関係、iOSの設定をみなおしても解決しない場合は、物理的な問題が考えられます。

 

原因として多いのは、マイク・スピーカーをアクセサリーで無意識に塞いでしまっていること。

 

とくに

  • 保護フィルム
  • 保護ケース

などの取り付け位置には要注意です。

 

正しく取り付けができていないと、声が聞こえません。

 

保護フィルム・ケースが正しい位置で取り付けられているか、もう一度確かめてみましょう。

 

マイク・スピーカーの位置は、以下の通りです。

 

【iPhone12】
出典元:Apple公式サイト

 

 

【iPhone11】

出典元:Apple公式サイト

 

 

【iPhoneSE 第二世代】

出典元:Apple公式サイト

 

 

上記以外のiPhoneをお持ちの方は、こちらのApple公式サイト内で検索できます。

 

原因

  • マイク・スピーカーを塞いでしまっている。

 

解決方法

  • マイク・スピーカーの位置を確かめてから、アクセサリーを取り付ける。

 

Lightningコネクタ・端子を清掃する。

Lightningコネクタや端子が汚れていると、マイクやスピーカーに不具合が発生することがあります。

 

理由は、Lightningコネクタ内にマイクとスピーカーを有線イヤホンに切り替えるセンサーがあるからです。

 

センサー汚れや異物がつくと、誤作動を起こしてしまい声が聞こえなくなります。

 

汚れや遺物がある場合は、細長い綿棒などで優しく取り除いてあげましょう。

 

精密機器ですので、くれぐれも注意して行なってください。

不安な方は、Appleや修理業者へ持ち込むことをおすすめします。

 

原因

  • Lightningコネクタ内のセンサーが誤作動を起こしている。

 

解決方法

  • 汚れ、異物を取り除いてあげる。

 

 

なにをしてもiPhoneで声が聞こえないときにすること。

声が聞こえない原因は、マイクやスピーカー周りの設定だけとは限りません。

 

ここからご紹介する方法は、全く別のところに不具合がある場合に有効な方法です。

 

  • 原因となっていることがわからない。
  • マイクやスピーカーの設定を確かめても解決しない。

 

こちらに該当する方は、試してみてください。

 

どうしても解決しないときの方法

  • 再起動してみる。
  • アプリをアップデートしてみる。
  • iOSをアップデートしてみる。
  • SIMカードを再挿入してみる。
  • 初期化して、復元してみる。

再起動してみる。

まずは、iPhoneを再起動しましょう。

 

iOSやアプリが原因で、マイクやスピーカーに不具合がでている可能性があります。

 

再起動することで、原因となっているiOSやアプリを終了させて、リセットしてあげましょう。

 

原因

  • iOSやアプリの一時的な不具合。

 

解決方法

  • 再起動して、起動しているiOSやアプリをリセットする。

 

アプリをアップデートしてみる。

通話に使用しているアプリが「電話」アプリ以外の場合、App Storeでアップデートしましょう。

 

原因がiPhoneでなく、使用しているアプリにあることもあります。

 

アップデートすることでデータが書き換えられ、不具合が解決することがあります。

 

App Store内にアップデートがないときは、再インストールすることでも同じ効果を得ることができます。

 

再インストールする際は、事前にバックアップを取るようにしましょう。

 

原因

  • アプリが不具合を起こしている。
解決方法

  • アプリの「アップデート」「再インストール」をする。

 

iOSをアップデートしてみる。

アプリのアップデートと同じで、iOSもアップデートしてみましょう。

 

原因がiOSにある場合は、アプリと同じでアップデートで不具合が解決します。

 

iOSは特別な理由がない限り、最新の状態に保つように意識しましょう。

 

今回のような不具合だけでなく、セキュリティ強化などにもなります。

 

原因

  • iOSが不具合を起こしている。

 

解決方法

  • iOSのアップデートをする。

 

SIMカードを再挿入してみる。

iOSやアプリに不具合がないときは、SIMカードに原因があるかもしれません。

 

SIMカードは、通信をするためには必要不可欠なものです。

 

SIMカードの金属部分が接触不良を起こしている場合は、通信ができないか不安定になるため、結果的に声が聞こえなくなることがあります。

 

電源を落としてSIMカードを抜き取り、清掃してに元にもどしましょう。

 

接触不良が原因になっている場合は、これで解決します。

 

原因

  • SIMカードが接触不良を起こしている。

 

解決方法

  • SIMカードを清掃して、再挿入する。

 

初期化して、復元してみる。

最後の方法は、iPhoneの「初期化」と「復元」です。

 

まず、iPhoneを初期化しましょう。

 

初期化することで、工場出荷時の状態に戻します。

 

もし、iOSのアップデートでなおらなかったとしても、初期化することでiOSが再インストールされ解決できることがあります。

 

初期化の手順

  1. 「iPhoneを探す」をオフにする。
  2. バックアップを取得する。
  3. 設定▶︎一般▶︎リセット
  4. すべてのコンテンツと設定を消去

初期化ができたら、通話をして声が聞こえるか確認してみましょう。

 

初期化して声が聞こえたら、次はバックアップから復元しましょう。

 

復元の手順

  1. 初期化の手順をもう一度行う。
  2. 「Appとデータ」の画面まで案内にそって進む。
  3. バックアップ方法を選択する。
  4. Apple IDでログインする。

※上記は、iCloud、iPhone同士で復元するときの手順です。
※PCで復元するときは、「①」の手順は必要ありません。

復元が完了したら、再度通話をしてみましょう。

 

声が聞こえていれば、これで通常通り使用できるようになります。

 

原因

  • iOSのデータが破損している。

 

解決方法

  • 初期化で、iOSを再インストールする。

 

 

すべて試しても声が聞こえないときは故障かも。

ここまでの全てを試しても解決しないときは、iPhoneが故障しているかもしれません。

 

修理対応をスムーズに進めるためにも、故障箇所を確かめておきましょう。

 

故障している箇所を伝えることで、故障診断や見積もりにかかる時間を減らすことができます。

 

結果、自分にかかる負担も減らせるので、修理に出す前には可能な限り故障箇所を絞ってからの依頼をおすすめします。

 

それでは、故障箇所を確かめる方法をご紹介していきます。

 

故障している箇所を確かめる方法。

今回は、声が聞こえないという症状です。

 

その場合、

  1. 相手の声が、自分に聞こえないのか。
  2. 自分の声が、相手に聞こえないのか。

の、どちらかで故障している箇所が違います。

 

  • 「①」▶︎スピーカー
  • 「②」▶︎マイク

と、いった具合に切り分けることができます。

 

確かめた情報は、修理業者に伝えましょう。

 

 

今後の修理に備えて保証に加入しよう。

最後に少しだけ、あなたへご提案です。

 

スマホの保証を見直してみませんか。

 

今回、修理にならずに解決できた人も、そうでない人も高額修理になるのは怖いはずです。

 

そんなあなたに、おすすめの保証があります。

 

それは、「モバイル保険」です。

 

モバイル保険に加入すれば、iPhoneの修理に発生する高額請求に怯える必要はなくなりますよ。

 

製品を購入して、1年以内なら加入できる。

悩んでる人
でも、購入してすぐじゃないと加入できないんじゃないの?

 

と、お考えの方もいらっしゃいますよね。

 

モバイル保険は、そうではないんです。

 

製品を購入してから、1年以内であれば加入することができます。

 

さらに、追加で条件をクリアすれば1年以上経過していても加入することができます。

 

詳しくは、「わが家のスマホ保険、高い?安い?加入者数が急増しているモバイル保険の実態!」で解説しています。

 

気になる方は、ご覧になってみてください。

 

モバイル保険の加入条件

  • 製品を購入してから、1年以内なら加入できる。
  • 1年以上経過していても、加入条件をみたせば加入できる。

年間最大10万円まで保証してくれる。

悩んでる人
加入できるのは、わかったけど・・・iPhoneの高額修理費用をどこまでカバーしてくれるの?

 

お次は、保証してくれる金額についてご紹介していきます。

 

モバイル保険は、修理のときに・・・

  • 年間最大10万円
  • 修理回収は無制限

まで、保証してくれます。

 

iPhoneが保証未加入だと

  • 全損修理で64,800円
  • 画面破損で21,800円

の修理費用が発生します。

 

高いですよね・・・

 

でも、モバイル保険に加入していれば余裕でカバーしてくれます。

 

これで、補償金額についても心配がいらなくなりますね。

 

モバイル保険の保証内容

  • 年間最大10万円まで保証する。
  • 修理回収に制限なし。

 

1契約で3つまで製品を保証してくれ、月額料金も安い!

悩んでる人
モバイル保険の内容がいいのはなんとなく伝わったけど、月額料金はいくらなの?

 

安心してください。

 

モバイル保険は、月額700円で加入することができます。

 

AppleCareと比較すると・・・

  • AppleCare:950円/月
  • モバイル保険:700円/月

と、200円も安いんです。

 

2年間加入したとすると、4,800円もの差額になります。

 

さらに、安いだけではありません。

 

モバイル保険は、1つの契約で3つの製品をまとめて保証してくれるんです。

 

あたなのお持ちのiPhoneと、カメラやBluetoothイヤホンなんて組み合わせでも大丈夫。

または、家族のスマホ、お子さんのゲーム機など。

条件さえ揃えば、どんな組み合わせでも大丈夫なんです。

 

これで、月額700円は驚きですよね!!

 

 

モバイル保険の料金と製品保証

  • 月額700円で加入できる。
  • 1契約で3つの製品をまとめて保証してくれる。

 

モバイ保険の月額料金や保証ができる製品にについては、「わが家のスマホ保険、高い?安い?加入者数が急増しているモバイル保険の実態!」で解説しています。

信用できる会社が運営しているから、安心できる。

悩んでる人
安くて保証内容がいいのはいいけど、どこの会社が運営してるの?

 

そうですよね。

 

どこの会社が運営しているかも分からない保証に加入したくありませんよね。

 

でも、安心してください。

 

信頼のできる会社がモバイル保険を運営しています。

 

運営している会社は、「さくら少額短期保険株式会社」という会社です。

 

そして、「さくら少額短期保険株式会社」は「光通信株式会社」のグループ会社です。

 

「光通信」といえば、ピンと来る方もいらっしゃいませんか?

 

有名なところでいうと・・・

  • auショップを全国に展開。店舗数は国内トップクラス。
  • 保険見直し本舗などを全国に300店舗以上展開

などで、あなたの身近にも関連店舗があるのです。

 

auショップや保険関連の会社を運営しているので、ここまで手厚い内容の保証を提供できるというわけです。

 

これで、安心して加入していただけますね。

 

 

 

モバイル保険が安心できる理由

  • 運営している会社が光通信グループ
  • 光通信は、auや保険代理店を運営している。
  • スマホ、保証に精通した会社が運営している。

 

利用者からも「加入していてよかった」の声多数!

それでは、最後に実際に加入している方の声もお聞きいただきましょう。

 

 

 

中にはデメリットなどを感じている方もいらっしゃいましたね。

 

デメリットを理解することは、とても大切です。

あなたの価値観、重要しするところと比較して保証加入を検討してみてください。

 

 

モバイル保険のデメリット

  • バッテリー交換は対象外。
  • 電話サポートがついていない。

 

デメリットについての詳細は、「わが家のスマホ保険、高い?安い?加入者数が急増しているモバイル保険の実態!」の記事で紹介していますので、ここでは省かせていただきます。

 

気になる方は、記事をご覧いただいてご検討してみてください。

 

 

最後でご覧いただき、誠にありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!