iPhoneがBluetoothとペアリング出来ない原因は?【誰でも簡単に解決できます。】

記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

悩んでる人
Bluetooth機器とiPhoneがペアリング出来ないんだけど・・・。ペアリングできるようにしたい。

 

本日は、このようなお悩みを解決していきます。

 

Bluetooth機器をペアリングするために、まずは正しい手順を理解しましょう。

 

ペアリングする手順は、たったの5つ。

誰でもすぐに、ペアリングできるようになります。

 

正しい手順を行なってもペアリング出来ない場合は、記事をお読みいただければ解決できるようになっています。

Bluetooth機器のペアリングでお困りになることは、少なくなることでしょう。

 

 

 

 

この記事の内容
  • Bluetooth機器とのペアリング方法が分かる。
  • Bluetooth機器とペアリング出来ないときの解決方法がわかる。

 

 

ゆんゆん
設定画面は、見慣れない単語が多いから混乱しちゃう・・・

 

ぶっきー
なるべく専門用語は使わずに、誰でも分かる単語で解説していくね。

Bluetoothの設定と解除方法を確認してみよう。

最初は、正しいペアリング方法を確認しましょう。

 

ペアリング出来ない原因は、設定方法が間違っているだけかもしれません。

 

また、ペアリングしている機器が多いと、Bluetooth機器ごとのペアリングが不安定になることも。

 

不要なペアリングを解除できるように、解除方法もご説明していきます。

ペアリング設定方法

ペアリング方法を再確認してみましょう。

 

設定するときの手順

  1. iPhone「設定」
    ▶︎「Bluetooth」
    ▶︎「Bluetoothをオン」
  2. Bluetooth機器をiPhoneに近づける。
  3. Bluetooth機器の電源をオン。
  4. iPhone「その他のデバイス」に表示されている、Bluetooth機器をタップ。
  5. Bluetooth機器に設定されている、PIN(パスワード)をiPhoneに入力。
  6. 「ペアリングされました。」の表示が出れば、設定完了。

 

補足画像を載せておきます。
「①」の補足
Bluetooth設定の画面です。
赤く囲ってあるところでオン・オフを切り替えます。
(画像はオンの状態です。)

 

「④」の補足

ペアリング待機中のBluetooth機器が近くにあると、下の画像の位置に表示されます。

 

表示されるときの名前は、

  • 製品名
  • 製品番号

などが表示されます。

 

表示名は、取り扱い説明書などにも記載されています。

 

ペアリングが、完了しているか確認してみましょう。

それでは、設定したペアリングが完了しているか確認してみましょう。

正しく設定できていれば、使えるようになっています。

 

設定が完了しているか確認する方法。

  1. iPhone「設定」▶︎「Bluetooth」
  2. 「自分のデバイス」に設定したBluetooth機器が表示されていれば完了。

 

補足画像を載せておきます。

ペアリングされた製品は、「自分のデバイス」というところに表示されます。

「自分のデバイス」の欄に表示されていれば、基本的には設定完了しています。

 

ペアリング解除方法

あとでご紹介する、「ペアリング出来ないときの解決方法」でも解除操作が必要になります。

 

予め、操作方法を覚えておきましょう。

 

解除するときの手順

  1. iPhone「設定」
    ▶︎「Bluetooth」
  2. 「自分のデバイス」に表示されている、Bluetooth機器名の「i」マークをタップ。
  3. 「このデバイスの登録を解除」をタップ。

 

補足画像を載せておきます。

「②」の補足画像

「i」のマークとは、これです。

 

「③」の補足画像

解除するときには、下の画像の部分をタップ。

Bluetooth機器によっては、注意事項がでます。

よく内容を確認して、問題なければ解除を選択して完了です。

 

 

ゆんゆん
設定方法は、あっている・・・なんでペアリング出来ないんだろ。

 

ぶっきー
別のところに、原因があるのかもね。解決方法を教えるから、一緒にやってみよう。

 

 

ペアリング出来ないときの解決方法。8つあります。

ペアリング出来ない原因は、大きく分けて3つです。

  • iPhone
  • Bluetooth機器
  • ペアリングしている周囲の環境

 

ペアリングするには、3つの内1つでも設定に適した状態になっていないと上手くいきません。

 

原因と、解決策を合わせて解説していきます。

 

ペアリング出来ないときの解決方法。

  • Bluetooth機器の電源を確認する。
  • 再起動する。
  • バッテリー残量を確認して、必要なら充電する。
  • オン/オフを切り替える。
  • PINコード(パスワード)は、正しく入力する。
  • 障害物となるものから離れる。
  • ペアリングしているBluetooth機器を解除する。
  • iOSが最新か確認する。

 

Bluetooth機器の電源を確認する。

Bluetooth機器の電源が、オンになっているか確認してみましょう。

 

最初オンにしても、ペアリング出来ないでいると自動的にオフになる製品もあります。

 

自動的にオフになっているのは故障ではなく、バッテリーの消費量を削減するための機能です。

 

設定に手間取っている間に、電源がオフになっていないか。

もう一度、確認してみましょう。

再起動する。

iPhoneとBluetooth機器を再起動してみましょう。

 

接続出来ない原因として、設定段階でシステム的な不具合が発生している可能性があります。

 

再起動して、ペアリングを妨げている不具合を一旦リセットしましょう。

 

一度リセットされることで、あっさりと設定できるケースもあります。

 

バッテリー残量を確認して、必要なら充電する。

バッテリー残量が、少なくなってないかiPhoneとBluetooth機器の両方を確認してみましょう。

 

バッテリー残量が少なくなると、通信が不安定になります。

 

理由は、iOSとCPUにバッテリーを長持ちさせるよう、システムが組み込まれているからです。

iOSとCPUはバッテリー残量が少なくなると、バッテリー消費を抑えるために処理性能を抑えるように設計されています。

 

処理性能が制限されると、正しい設定をしていても

  1. Bluetooth機器とのペアリング設定の処理が遅くなる。
  2. ペアリングのための待機時間が切れる。

という流れで、ペアリングが出来ない可能性があります。

 

ペアリング中にバッテリー残量が少なくならいよう、充電してから設定しましょう。

オン/オフを切り替える。

ペアリングが出来ない原因は、「ペアリングできる状態」になってないだけかもしれません。

 

「ペアリングができる状態」とは、どのようなことかというと・・・

iPhoneは、Bluetooth設定の中にある「Bluetoothをオン」にする。
Bluetooth機器は、説明書などに記載されているはずです。(中には、電源を入れただけで「オン」になる機器もあります。)

 

ですが、中には・・・

 

あなた
最初にオンにしたのに?なんでオフになってるの?

 

と、いう方もいますよね。

 

最初にオンにしても、途中でオフになる原因は、

  • ペアリング設定に手間取って、オフになってしまっている。
  • そもそも、「オン」になっていない。

などがあります。

 

特に初心者の方は、「手間取っていて、オフになってしまう。」ことが多いです。

 

落ち着いて、もう一度オン・オフを切り替えてみましょう。

ペアリングできる状態になったのを確認してから、設定手順にしたがって設定しみてください。

 

PINコード(パスワード)は、正しく入力する。

PINコードは、すべてのBluetooth機器に設定されている訳ではありません。
設定されているBluetooth機器を使用している人のみ、参考にしてください。

 

Bluetooth機器には、誰でもペアリング出来ないよう「PINコード」という名の「パスワード」を設定してる製品もあります。

 

設定されている場合は、ペアリングの途中でPINコードの入力を必ず求められます。

 

PINコードを要求された際は、落ち着いて正しく入力しましょう。

 

間違うと、ペアリング出来ません。

障害物となるものから離れる。

電波は、似た種類の電波が近くにあると干渉して、通信環境が悪くなります。

 

Bluetooth機器も同じで、電波で通信しています。

 

つまり、Bluetooth機器から発せられる電波と似た電波をだす製品、もしくは妨害となる電波をだす製品の近くにいると設定がうまくいきません。

 

似た電波を発している製品から離れ、できることなら電源を切ってから行うようにしましょう。

 

似た電波、妨害となる家電製品

  • Wi-Fi通信をする製品
  • Bluetooth通信をする製品
  • 電源ケーブル
  • 電子レンジ
  • 蛍光灯
  • コードレス電話

 

ペアリングしているBluetooth機器を解除する。

iPhoneにペアリングされているけど、使っていないBluetooth機器があるときはペアリングを解除しましょう。

 

Bluetooth機器が多くペアリングされていると、接続先のiPhoneは動作が重くなります。

 

動作が重くなると、処理が遅くなり完了出来ないときがあります。

完了出来ない理由は、バッテリーのときと同じですね。

 

使っていないBluetooth機器がある場合、設定するときだけペアリングを解除してあげましょう。

iOSが最新か確認する。

ここまで6つを紹介しましたが、それでもペアリング出来ないときはiOSのバージョンを確認してみましょう。

 

iOSが最新でない場合、更新をしてから再設定をしてみてください。

 

iOSのバージョンが原因のときは、更新することで解決する可能性があります。

 

8つの解決方法をためしてもペ、アリング出来ないときは故障している可能性があります。

 

8つの解決方法をためしても、出来ないのは故障が原因かも。

8つの解決方法をためしても、ペアリング出来ないときは故障しているかもしれません。

 

どちらが原因なのか確認して、修理することをおすすめします。

 

ゆんゆん
でも、どっちが故障しているかわからないよ。

 

ぶっきー
大丈夫だよ。簡単な方法で、故障している製品を確認できるよ。

どちらが故障しているか確認してみよう。

「ペアリング出来ない」だけでは、どちらが故障してるかわかりませんよね。

 

でも、難しく考える必要はありません。

 

ペアリングしたいiPhoneとBluetooth機器の2つを、それぞれ別の製品にペアリングしてみればいいだけです。

 

正常に他の製品とペアリングできた製品は、「故障してない」ということになります。

 

故障の有無を確認するために必要な製品。

  • 【A】ペアリングしたいiPhone
  • 【B】ペアリングしたいBluetooth機器
  • 【C】ペアリング先となる端末:1台
  • 【D】ペアリング元となるBluetooth機器:1台

補足です。

ペアリング元となる端末は、iPhone以外があればベストです。なければ、iPhoneでも問題ありません。

【C】と【D】は、正常に動作している製品で試してください。

 

必要なものが揃ったら、以下の組み合わせでペアリングしてみてください。

 

ペアリングする組み合わせ

  • 【A】と【D】
  • 【B】と【C】

 

故障していれば、どちらかがペアリング出来ないはずです。

 

たとえば、ペアリング出来ない組み合わせが【A】と【D】だとすると。

iPhone側が故障している可能性があります。

 

逆に【B】と【C】だとすると、Bluetooth機器が故障しているということです。

故障していたときの対策

確認ができたら、本当に故障しているかメーカーに問い合わせましょう。

 

ペアリング出来ないからといって、確実に故障している訳ではありません。

メーカーに動作確認をしてもらい、故障の有無、今後の対応を決めましょう。

 

【問い合わせ先】

  • iPhone:Appleサポート
  • Bluetooth機器:販売元

 

いつ故障してもいいように、iPhoneと一緒にBluetooth製品も保証に加入しよう。

最後に、あなたへご提案です。

iPhoneの保証を見直して、Bluetooth機器も一緒に保証に組み込んでみませんか。

 

1つの保証で

  • iPhone
  • Bluetooth機器

の両方を保証できる保険があります。

 

その保証とは・・・

「モバイル保険」です。

 

さらに、保証料金は「携帯キャリア保証」や「AppleCare+foriPhone」よりも安くなります。

 

モバイル保険なら、

  • AppleCare+foriPhoneよりも安い
  • 1つの保証で3つまで保証できる
  • 保証期間は永久的
  • 故障時の負担金も0円

と、メリットが多くあります。

 

この保証内容で、保証料は毎月たったの700円!!

 

内容は、こちらの記事で詳しく解説しています。

興味のある方は、一度ご覧になってみてください。

1つの契約でiPhoneも保証できて、Bluetooth製品も2つまで保証できる。

保証内容に含められるのは、Bluetooth機器1台だけではありません。

 

Wi-Fi機器も、保証に含めることができます。

 

つまり、保証内容に含められる機器は

  • 【主端末】iPhone:1台
  • 【副端末】Bluetoothもしくは、Wi-Fi機器:2台

の、合計3台まで保証できます。

 

補償金額は、【主端末】で最大年間10万円まで保証。

補償金額の上限にいかなければ、修理回数に制限はありません。

 

そして、修理のときに支払う「負担金」も0円で修理できます。

 

\\クリック//

 

モバイル保険なら安心の全額保証。負担金はありません。

AppleCare+や携帯キャリアの保証に加入していても、修理するときに「負担金」が発生するのはご存知でしたか。

 

AppleCare+であれば、以下の金額が発生します。

 

iPhone修理時の負担金金額

  • 画面割れ:3,800円
  • その他の故障:11,800円

 

高い金額を払って保証に加入しているのに、修理のときにもお金を払うなんておかしいですよね。

 

確かに、保証に入っていないと修理金額は高額なので・・・

iPhone12pro MAXの場合

  • 画面割れ:35,800円
  • その他の故障:64,800円

※iPhoneの中で一番高い修理金額

 

「負担金だけで済むなら安い」

と、感じてしまいます。

ですが、諦めてはいけません!!

 

モバイル保証なら、

  • 修理金額も10万円まで保証
  • 負担金も0円

で、保証してくれます。

 

「AppleCare+foriPhone」や「携帯キャリア保証」のように、修理回数に制限もありませんよ。

 

\\クリック//

運営も「光通信」だから安心。

あなた
どこの会社が運営しているかもわからない保証に、加入なんて出来ない!

 

あなたの仰しゃるとおり。

 

少しだけ、運営している会社のご紹介もさせてもらいますね。

 

モバイル保険を運営している会社は、「光通信」の子会社が運営しています。

 

光通信という会社は、

  • auショップの店舗数は、全国トップクラス!
  • 「保険見直し本舗」などを全国に300店舗以上展開!

などの事業をしている会社です。

 

どちらか一つは、あなたの地域にもありませんか。

「光通信」とだけきくとイメージできませんが、事業内容をきくと案外身近にある会社だったりします。

 

加入者からも「入っていてよかった!」の声が大多数!

あなた

保証内容も手厚くて、信頼できそうな会社が運営しているのはわかったけど・・・
実際に加入している人の口コミ(評価)が気になる。

 

加入者の生の声をTwitterで見つけてきました。

加入者の方々は、「モバイル保険」を利用していてどのように感じているのでしょうか。

 

 

多くの方々が、「保証に加入していてよかった」と感じているようです。

 

しかし、当然ですがいい評価ばかりではありません。

なぜなら、iPhoneをお使いになる方によって重視するところが違うからです。

 

保証は、しっかりとデメリットも理解してから、加入することが大切。

 

そこで、加入を検討されている方々の声と一緒に、モバイル保険のデメリットも見てみましょう。

モバイル保険のデメリット

  • バッテリー交換が対象外
  • 製品の使い方サポートがない

 

 

モバイル保険については、「わが家のスマホ保険、高い?安い?加入者数が急増しているモバイル保険の実態!」でも詳しく解説しています。

詳細が気になる方は、ご覧になってみてください。

 

さらに、今なら新規加入者特典もあります!!

 

加入者特典:保証料(700円)が1ヶ月無料!!

 

ぜひ、この機会をお見逃しなく!

 

最後でお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!