iPhoneが起動できない。リンゴループの原因と解決方法を教えます!【予防しないと再発します】

本日も記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

 

悩んでる人
iPhoneが再起動をくりかえして、ずっとリンゴマークのまま進まなくなっちゃった。どうしよう。

 

 

本日は、このようなお悩みを解決していきます。

 

この「ずっとリンゴマーク」ですが、別名を「リンゴループ」ともいいます。

 

症状は、起動時に表示されるリンゴマークのまま起動せず、再起動をくりかえすという恐ろしい症状です。

 

一度なってしまうと、解決するのがなかなか難しい症状でもあります。

 

本日は、そんなずっとリンゴマークが表示されてしまう問題を解決していきましょう。

 

あわせて予防策などもご紹介しています。

 

 

 

 

この記事の内容
  • ずっとリンゴマークが表示される原因。
  • ずっとリンゴマークになってしまったときの解決方法。
  • ずっとリンゴマークにならないための対策。

 

 

ゆんゆん
私はまだ一度もなったことないけど、そんなに恐ろしいの?

 

ぶっきー
恐ろしいよ・・・iPhoneが全く操作できなくなるからね。最悪の場合、データが消えるかも。

 

 

ずっとリンゴマークになる原因は不明。

それでは、ずっとリンゴマークになってしまう原因からお話していきましょう。

 

通称「リンゴループ」と呼ばれるこの症状ですが、結論から申し上げますと原因は不明です。

 

Appleからも、公式の回答は出ていません。

 

「それじゃ、解決できないの?」と不安になるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

いくつか、考えられる原因をご紹介していきます。

 

ずっとリンゴマークになる原因

  • iPhone本体が破損している。
  • データが破損・不具合を起こしている。
  • アプデートに失敗した。

 

物理的に破損している。

ずっとリンゴマークになってしまう原因のひとつに、iPhone本体が破損していることが考えられます。

 

破損と一言でいっても、いくつか原因がありますが

  • 基盤が故障している。
  • 画面が割れている。
  • バッテリーが劣化している。
  • 生体認証が故障している。

などは、原因になる可能性が高いです。

 

詳しく順番に、解説していきます。

 

基盤が故障している。

iPhoneを落下させたり強い衝撃を与えたりすると、内部の基盤が故障する恐れがあります。

 

基盤が故障をすると、iPhoneが正常に起動できなくなりずっとリンゴマークの表示になってしまいます。

 

基盤周りでいうと、SIMカードの破損でも発生することがあります。

 

通信に何か不具合を感じている場合は、SIMカードが原因かもしれません。

 

原因

  • 基盤が故障していて、正常に起動ができない。
  • SIMカードの故障している。

 

通信に不具合を感じている方は、以下の記事で詳しく解説しています。

参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事

本日も記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。 困ってる人iPhoneの電波がずっと圏外になってなおらない。どうしたらいいの・・・? 本日は、このようなお悩みを解決してい[…]

あわせて読みたい記事

本日も記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。 困ってる人iPhoneは、4Gになっているのに繋がらない。どうしたらいいの? 本日は、このようなお悩みを解決していきます。[…]

あわせて読みたい記事

本日も記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。 困ってる人通話中に・・・・iPhoneから自分の声が、相手に聞こえてない。・相手の声が、自分のiPhoneから聞こえない。[…]

 

外部の損傷がある。

iPhoneは、起動時に各パーツの状態を確認してから、起動するようにプログラムされていると言われています。

 

チェックの過程でパーツに異常が見つかると、エラーを起こして起動できなくなることがあるようです。

 

iPhoneの外部に損傷があるときは、修理費用をケチらずに修理に出しましょう。

 

とくに、

  • 画面割れ
  • カメラの不具合
  • 生体認証

などが故障していると、原因になりやすいようです。

 

原因
iPhoneの外部に損傷がある。

  • 画面割れ
  • カメラの不具合
  • 生体認証

 

バッテリーが劣化している。

iPhoneの起動のときには、バッテリーを多く消費します。

 

そのため、起動するには一定数以上のバッテリーがなければ起動できません。

 

バッテリーが劣化していていると、必要な電力を貯めることができず再起動を繰り返してしまう可能性があります。

 

つまり、ずっとリンゴマークの状態をくりかえすのです。

 

原因

  • バッテリーが劣化していて、起動に必要な電力を溜めれない。

 

データが破損・不具合をおこしている。

外部や内部に原因がないときは、データに原因にがあるかもしれません。

 

可能性として考えられるのは、以下の2つです。

  • iOS
  • ダウンロードしたアプリ

 

それでは、順番に解説していきます。

iOSのデータが破損・不具合を起こしている。

iOSは、iPhoneをコントロールする大切なシステムです。

 

iOSのデータが破損していると、iPhoneは起動できません。

 

完全にデータが故障していれば電源すら入らないのですが、一部のデータだけだとずっとリンゴマークの原因なります。

 

原因

  • iOSのデータが破損していて、iPhoneを正しく起動できない。

 

ダウンロードしたアプリに原因がある。

ダウロードしたアプリが原因で、iOSとの間に不具合を起こしているかもしれません。

 

アプリには、それぞれ推奨される動作環境があります。

 

動作環境の中にiOSのバージョンが含まれます。

 

iOSのバージョンとアプリの動作環境に大きく差があるとき、不具合を起こしてしまいます。

 

不具合が深刻なとき、iPhoneの動作にも影響してずっとリンゴマークのまま起動できなくなります。

 

原因

  • ダウンロードしたアプリが原因で、iOSとの間に不具合を起こして起動できない。

 

アップデートを失敗した。

iOSの大切さは、前項で実感していただけたことでしょう。

 

その大切なiOSのアップデートに失敗すると、ずっとリンゴマークのまま起動できなくなることがあります。

 

では、何が原因でアップデートに失敗するのでしょうか。

 

アップデートを失敗してしまう原因

  • バッテリーが途中で切れてしまった。
  • ストレージが不足している。
  • Wi-Fiとの接続が途中で切れてしまった。

アップデートに失敗すれば、iOSが更新できずデータが破損してしまいます。

 

データが破損していれば、どうなるかお分かりですよね。

 

そうです。

 

ずっとリンゴマークのまま起動しません。

 

原因

  • iOSのアップデートに失敗して、データが破損してしまった。

 

 

ずっとリンゴマークの解決方法。

主な原因について、お分かりいただけたところで解決方法をご紹介していきます。

 

これから紹介する方法を覚えておいてもらえれば、いざというときに安心です。

 

ずっとリンゴマークを解決する方法

  • 強制的に再起動する。
  • SIMカードを抜いて、再起動する。
  • iOSをアップデートする。
  • リカバリーモードから初期化する。

順番に解説していきます。

 

強制的に再起動させてみる。

まずは、強制的に再起動させてみましょう。

 

強制的な再起動が、一番手軽にできる方法です。

 

強制的な再起動の手順は以下の通りです。

iPhone X〜12

出典元:Appleサポート

 

 

iPhone8、またはSE(第二世代)

出典元:Appleサポート

 

 

iPhone7

出典元:Appleサポート

 

 

機種により、微妙に違いがあります。

 

強制再起動を行うときは、注意してください。

 

また、強制再起動をやりすぎてもデータ破損の原因になります。

 

1〜2回程度試して解決しないときは、別の方法にしましょう。

 

解決方法

  • 強制的に再起動する。

SIMカードを抜いて、再起動する。

ずっとリンゴマークになる原因として、SIMカードの通信不良も考えられます。

 

強制再起動を試しても解決しないときは、SIMカードを抜いてもういちど試してみてください。

 

SIMカードを抜いて解決したときは、そのSIMカードは使わないようにしましょう。

 

SIMカードは、新しいものを携帯キャリアで再発行してもらってください。

 

解決方法

  • SIMカードを抜いて、強制的に再起動する。

 

iOSをアップデートする。

iOSに更新があるときは、アップデートしてみましょう。

 

原因がiOSにあれば、更新することで解決することがあります。

 

更新するときは、iPhone単体ではできないのでiTunesを使いましょう。

 

ずっとリンゴマークの状態でも、iTunesと接続するとiPhoneを認識してくれるときがあります。

 

iTunesがiPhoneを認識してくれれば、あとは更新をするだけで大丈夫です。

 

更新の手順は以下の通りです。

iTunesでのiOS更新手順

  • iPhoneをPCと接続。
  • iTunesを起動。
  • iTunesの左上にある、デバイスのマークをタップ。
  • 概要をクリック。
  • 更新プログラムがあるときは、アップデートをクリック。

※上記は、WindowsPCの手順です。

※「③」の補足画像

※「④」の補足画像

※出典元:Appleサポート

 

PC限定の解決方法になりますが、iTunesでのiOS更新は有効な方法のひとつです。

 

少し手間ですが、どうしても解決しないときは検討してみましょう。

 

解決方法

  • iTunes(PC)を使って、iOSを更新する。

 

最終手段は、リカバリーモードからの初期化です。

さて、ここまで来てずっとリンゴマークから抜け出せないときは、iPhoneを初期化するしかありません。

 

iPhoneをリカバリーモードという状態にして、iTunesで初期化します。

 

リカバリーモードの手順は少し複雑です。

 

Appleサポートのサイトを載せておきますので、手順はそちらをどうぞ。

 

iOSのデータも新しいものに書き換えられますので、データが原因の場合はかなり有効な方法です。

 

解決方法

  • iPhoneをリカバリーモードにして、iTunesで初期化して復元する。

 

 

ずっとリンゴマークにならないための対策をしよう。

あたなのiPhoneは、ずっとリンゴマークの状態から抜け出せましたか?

 

本当に恐ろしいこの症状ですが、これからご紹介する方法をすることで発生する可能性を低くすることもできます。

 

対策

  • 空きストレージを常に確保しておく。
  • 毎日バックアップを取得する。
  • 予備端末を用意する。

 

空きストレージを常に確保しておく。

ずっとリンゴマークになる原因で、アップデートの失敗があることはご説明しました。

 

まずは、アップデートを失敗しないようにするだけで、発生率を大きく下げることができます。

 

具体的にはどうすればいいのか解説します。

 

アップデートを失敗しないために。

  • バッテリー残量に注意する。
  • 安定した通信環境で行う。
  • ストレージを確保する。

 

以上3点が、失敗しないためのポイントです。

 

とくに注意が必要なのは、ストレージの空き容量です。

 

アップデートするときは、一時的にiPhone内にiOSのデータが保存されます。

 

保存するときにストレージの容量が足りないと、途中で中断してしまいデータが破損するか不具合を起こします。

 

データが破損している状態で、アップデートがかかるとずっとリンゴマークです。

 

ストレージ容量は、常に余裕を持った運用を心がけましょう。

 

対策①

  • バッテリー残量に注意する。
  • 安定した通信環境で行う。
  • ストレージ容量は常に空けておく。

 

 

ゆんゆん
ストレージ容量って、どのくらい空けておけばいいの?

 

ぶっきー
そのときによってデータ量が違うから、これだけ空けとけば大丈夫!!とは言えないんだけど。5GBくらいを目安に空けておけば大丈夫だと思うよ。

 

毎日バックアップを取得する。

バックアップは毎日取得するようにしましょう。

 

毎日が難しい人は、最低でも2〜3日に1回は取得するように心がけてみてください。

 

いつ発生するかわからないのが、リンゴループの怖いところです。

 

いつ発生して初期化することになってもいいように、バックアップはこまめに取得するようにしましょう。

 

対策②

  • バックアップは、毎日取得する。
  • 最低でも2〜3日に一度は取得する。

予備端末を用意する。

いつ発生するかわからないリンゴループに備えて、予備端末を持つようにしましょう。

 

予備端末といっても、わざわざ購入する必要はありません。

 

古いiPhoneを下取りに出さずに、保管しておけば十分です。

 

いざというときに、予備端末があるとないとでは大きな違いです。

 

下取りに出したい気持ちをグッと抑えて、予備端末を確保するようにしましょう。

 

対策③

  • 古いiPhoneを下取りに出さずに、予備端末として保管する。

 

 

一時的に復旧した人は、今のうちに保証に加入しよう。

恐ろしい症状のずっとリンゴマークこと、リンゴループ。

 

一度なってしまうとできることが限られしまい、最悪のケースは修理対応になることも珍しくありません。

 

今回、ご紹介した対策をおこない、少しでも発生する可能性を下げましょう。

 

 

ただ、対策しても可能性を0にすることはできません。

 

だからこそ、対策の中でお伝えしたバックアップはしっかりと取るようにしてください。

 

そして、いつ初期化してもいいように備えておきましょう。

 

 

また、最悪の場合は修理になってもいいように、スマホの保証へ加入しておくことをおすすめします。

加入していなければ、iPhoneの全損修理費用64800円の請求が待っています。

 

保証でお悩みの方には、モバイル保険がおすすめです。

 

スマホの保証を見直したい方は「わが家のスマホ保険、高い?安い?加入者数が急増しているモバイル保険の実態!」で保証について詳しく解説しています。

 

気になる方は、ご覧になってみてください。

 

1年以上経過していても加入できる。

せっかくなので、ちょっとだけ「モバイル保険」のお話をさせていただきます。

 

悩んでる人
スマホの保証の加入へ加入するには、端末購入と同時じゃないと加入できないんじゃないの?

 

と、お考えの方が多くいらっしゃることでしょう。

 

ですが、モバイル保険は違います。

 

製品を購入してから、1年以内なら加入することが可能です。

 

「製品購入時に未加入だったから、今保証に入りたい!」と、お考えの方には、特におすすめです。

 

モバイル保険の加入について

  • 製品を購入してから1年以内なら加入できる。
  • 条件を満たせば、1年以上経過していてもOK。

 

年間最大10万円まで保証してくれるから、全損修理になっても安心。

悩んでる人
でも、iPhoneの64800円の修理費用を全額保証はしてくれないよね?

 

と、不安になりますよね?

 

モバイル保険なら、全額保証してくれます。

 

年間最大10万円まで保証してくれるので、iPhoneが高額修理になったときでも安心です。
モバイル保険の保証内容

  • 年間最大10万円まで保証してくれる。
  • 修理回数に制限なし。

 

月額料金も安くなり、1契約で3つまで製品を保証してくれる。

悩んでる人
そこまでの保証だと、月額料金が高いんじゃないの?

 

と、維持費がきになりますよね。

 

モバイル保険は、月額700円で加入できます。

 

さらに、1契約で3つの製品を一緒に保証してくれるのです。

 

安くて、1契約で3つまで保証してくれるので、保証をまとめて保証料を節約するこもできます。

 

たとえば・・・

  • 家族のスマホ
  • ゲーム機
  • カメラ
  • タブレット端末
  • ワイヤレスイヤホン

など、条件さえ満たせば700円の月額料金は変わらず加入できます。

 

詳しい条件については、「わが家のスマホ保険、高い?安い?加入者数が急増しているモバイル保険の実態!」で解説しています。

 

モバイル保険が安い理由

  • 月額700円で加入できる。
  • 1契約で3つまで保証するから、保証料を節約できる。

 

信頼のおける会社が運営している。

悩んでる人
いい保証なのはわかったけど、本当にしっかりと補償してくれるの?

 

大丈夫です。

 

信頼のおける会社が運営しているので、安心して利用してもらえます。

 

運営会社は、「さくら少額短期保険株式会社」です。

 

「さくら少額短期保険株式会社」は、「光通信(株)」が親会社としてついています。

 

「光通信(株)」といえば、

  • Auショップを全国に展開。店舗数はトップクラス。
  • 保険見直し本舗など、300店舗展開。

などを、運営している会社の親会社でもあります。

携帯ショップや保険事業に精通している会社だからこそ、内容の厚い保証を提供できるのです。

 

 

 

モバイル保険が信頼できる理由

  • 運営会社は「光通信(株)」のグループ会社。
  • 光通信(株)は、auショップや保険事業者も手がけている。
  • スマホの保証に精通している会社である。

 

加入者満足度も高い保証です。

最後に、加入している人のリアルな声をお聞きください。

 

今回は、メリットだけではなく不満やデメリットなども、合わせてご覧いただきました。

 

なぜデメリットも一緒にご覧いただいたかというと、どれだけいい保証だとしてもデメリットを理解しないで加入するのは危険だからです。

 

しっかりと保証の内容を理解してから、ご決断ください。

 

モバイル保険のすべては、「わが家のスマホ保険、高い?安い?加入者数が急増しているモバイル保険の実態!」でご紹介しています。

 

ぜひ、この機会にスマホ保証を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうござました。

最新情報をチェックしよう!