Applesilicon搭載でどうなる?Appleスペシャルイベントで発表されるMacの今後!

11月11日3時から、今年3回目のAppleのスペシャルイベント「One more thing」が開催されます。

「Apple silicon」搭載のMacBook Pro・Airが発表されると噂されているイベントです。

一部の報道では、ほぼ確実とまで言われています。

今回は、「Apple silicon」を中心にMacBookシリーズがどのように変わるのか、予測していきます。

発表迫るApple silicon!!

Appleの発表会が近くなるとテンションがあがりますね!!

今回の目玉は、「Apple silicon」の搭載が噂されるMacBookシリーズです。

現状では、「MacBook Pro」と「MacBook Air」の発売が濃厚と噂されています。

どちらも人気の機種となっており、私もメイン機にMacBook Pro13インチを愛用しています。

さて、今回発表される「Apple silicon」とは一体どういったものなのか、現在わかっている事と予測を交えてみていきましょう。

Apple、Intelと決別のときが近く・・・。

「Apple silicon」とは、Appleが独自に設計したCPUです。

現時点では、iPhoneやiPadに搭載されているCPUが、Appleが独自に設計したCPUですね。
(A14 Bionicチップとかです。)

今回AppleはIntel製のCPUを脱却して、MacのCPUも自社独自のものに切り替え用としています。

その背景には、「生産効率」や「コスト」、「性能」などの問題があると考えられています。
(大人の事情ってやつかな・・・)

確かに全て自社で完結できれば、いろいろと都合がよくなることもあるでしょうが・・・

しかし、本当に自社設計のCPUにしてしまって大丈夫なのでしょうか。

「今使っているソフトは動くのか??」とか、いろいろ心配になります。

そりゃAppleさん純正ソフトは大丈夫だと思いますが、私たちユーザーはApple純正のソフト以外も使っているわけで・・・心配です。

純正アプリ以外も互換性があるみたい!

「純正外のアプリが動くのか??」と心配になり、何か情報はないかと調べてみたところ・・・

ありました!!!

なんと、6月に開催されていた「世界開発者会議(WWDC)」で「Apple silicon」のデモンストレーションがあり、そこでMicrosoftのPowerPointが動いている画像を発見しました。

ということは、Excel、wordは大丈夫そうかな・・・??

Microsoft Office以外では、Adobeの「Photoshop」「Final Cut Pro X」も動いていることがわかりました。
(Final Cut Pro Xは純正アプリだから当然だよね・・・)

一応、純正以外のアプリも互換性があり、動くことがわかったので一安心ではあります。

Apple siliconを搭載することで生まれる、メリット!

さて、次は「Apple silicon」に切り替わることで得られるメリットを考えてみました。

自社設計CPUに切り替わることによる製造コスト削減!!

MacBook Proは高いですからね〜

無印、Airですら10万前後、MacBook Proに至っては20万近くします。

それが、自社設計に変わってコストダウンが図れるのであればユーザーとしては、願ったり叶ったり。

CPUを自社設計にしただけで安くなるなら、iPhoneがどんどん高くなってるのはなぜ?
と、シンプルに疑問に思う部分もありますがね。笑

電力効率の大幅な改善によるバッテリー持ち!!

これは、大いに期待できる内容だと考えています。

根拠は、iPhone、iPadを使っていればわかります!!

「Androidスマホ」や「タブレット」に比べるとバッテリー持ちは、雲泥の差ですからね。

現在のMacBook Pro13インチでも、実際に稼働させてみて5〜6時間くらいは使用できていますから、さらにバッテリー時間が伸びればいうことありません。

iPhone、iPadの性能をMacBookでも再現してもらいたいところです。

処理性能の大幅な向上!!

処理性能についても、バッテリー同様に期待が持てます。

CPU性能も当然ですが、やはり重要なのはOSやパーツとの相性だと感じています。

実際に「世界開発者会議(WWDC)」にてデモンストレーションに使用されたMacは、「A12Z Bionic」を搭載していたとの情報をみつけました。

「A12Z Bionic」は、iPad Proに搭載されているCPUです。

iPad Proは元々PCなみの処理性能を持っていますから、「A12Z Bionic」がMacに搭載れてスムーズに処理ができても何ら不思議はないのかもしれません。

iPhoneやiPadのような操作性がMacでも味わえるかと思うと、楽しみです!!

iPhone、iPadアプリが使えるようになる!!

やっぱりこれでしょ!

MacでiPhone、iPadのアプリが使えるようになる!

これで自宅では、iPhoneをもってなくても全てMacで完結するまでいってくるといいな。
(そんな甘くはないか・・・)

iPhoneやiPadのアプリが、Macで使えるようになれば今まで以上に便利になりますね。

多くのアプリが、対応していってもらいたいものです。

結構あるんですよね・・・
Macで使おうと思うとアプリがなくて、困ること。

あとは、ゲームなんかも対応してくれると嬉しい!!

コントローラーが使えるので、Macでできたらいうことなしです。

「画面デカイ」「コントローラー使える」のおかげで操作しやすいので、同じゲームでも一味違った楽しみ方ができそうです。

発売機種は??MacBook ProとAirと・・・iMac???

あくまでも噂ですよ!iMacも発表されるかもって情報がありました。

いずれはそうなるのでしょうが、今回の可能性は薄いと考えています。

Apple siliconを搭載する理由が「処理能力の向上」だとしたら、バッテリーを気にする必要がないiMacはそもそも処理能力高いですからね。

処理能力を向上させる必要があるけど、バッテリー消費との関係があるから「Apple silicon」で両方を改善しようって考えだと思うので、今回は期待薄ですね。

リアルな機種でいうと、以下の4機種だと予想しています。

  1. MacBook Pro 13インチ
  2. MacBook Pro 16インチ
  3. MacBook Air 13インチ
  4. MacBook 12 or 13インチ

(無印についは、正直自信ありません。)

「処理能力向上」→「バッテリー持ち改善」と考えると、「Proシリーズ」「 Air」は硬いかと。

特にMacBook Pro16インチに至っては、実際の稼働時間は4時間ほどと聞いたことがあります。

今回のApple siliconへの移行目的からすると硬いのかなと。

発売時期はいつ?年内に発売を示唆する発言が世界開発者会議(WWDC)で?!

調べたところによると、世界開発者会議(WWDC)で年内中の発売を示唆する発言があったことをみつけました。

また、噂ではMacBookシリーズの機体自体に変更はないとの情報もあります。

そこから予測すると、「新たに設計する部分が少ない」ことから年内発売の可能性は十分に考えられます。

「コロナウイルス」の蔓延する世の中を考えると、発売時期はなかなか予測しづらい部分を含んでいますが、Appleがどこまでの発売準備を進められたのか気になるところです。

とは言いつつも、全ては11月11日のAppleスペシャルイベント「One more thing」で明らかになります!!

Intelとの決別は、Appleにとって大きな分岐点になることは間違いありません。

どのようなイベント内容なのか、11月11日3時が今から楽しみです。

最新情報をチェックしよう!